GPSレンタル
1035 PV
0

初めての浮気調査,車のどこにGPS機器を付ければいいの?

車

GPS機器を使って浮気調査で、まず問題になるのが「車の何処につければいいのか?」だと思います。普段車に乗らない人は、全く思いつかないですよね?また間違えてGPS機器を装着して、破損や紛失したなんてこともよく聞きます。

今回は初めてGPS機器で浮気調査をする方にオススメする場所について考えてみました。

GPSの取り付け位置は2パターンある

GPS機器をレンタルした際に、取扱説明書がついてきます。そこに取り付け位置と注意事項などが書かれています。まずは説明書をしっかり読むことが大事です。浮気調査を早くやりたいと思って、ちゃんと読まないで取り付けると破損や紛失につながります。

GPS機器を車に取り付ける場所は2つあります。

  • 車の底面に取り付ける
  • 車内の何処かに隠す

普通に考えてこの2パターンしかないですよね。じゃどちらがいいのか?って思いますよね。これに関しては後で説明したいと思います。まず順番に取り付ける方法と取り付け場所を説明したいと思います。

車の下にGPS機器を取り付ける場所

浮気調査でも使えるGPS機器には、ほとんどのもに磁石がついています。車の底の部分は大体の部分が金属でできているので、取り付けることが可能です(最近の車にはカーボン素材が使われているのもあります。)

車の下

しかし、車の底面には走行中になると熱くなる場所があります。マフラーの近くとかがそうです。熱くなる場所にGPS機器を取り付けるとGPS機器が破損します。

たまに車の底面の真ん中につける人がいますが、確かに見つかる可能性は低くなります。しかしそのGPS機器を簡単に回収できなくなり、バッテリーを充電できないなんてこともよく聞きます。つける時は必ずGPS機器を回収することを忘れないでください。

じゃどこが一番いいのか?はっきり申し上げると車の底面はあまりオススメできません。GPS機器を車外に取り付ける時点で、破損のリスクが高くなります。慎重に浮気調査を行う場合は、車内の方がいいと思います。

それでも絶対にバレたくないから車の底面がいいと思う方はプロの探偵などにアドバイスしてもらうか、自分でいろいろ場所を試して走行してみるなどをするしかないと思います。

車内にGPS機器を取り付ける際の注意点

次に車内ですが、まず車内に取り付ける前に必ず確認してほしいことがあります。それはGPS機器が無音設計かどうかです。よく無音です!!って書いてあるけど、バッテリー切れのときだけご親切にも音が鳴ったり、バイブするものがあります。

これではバレるだけですよね。なので、必ずどんなことがあっても無音でバイブなどもしないか確認しておきましょう

車内で取り付ける場所で多いのが、後部座席シートの隙間です。手軽に入れることができますし、回収も簡単です。ただシートの隙間に入れると走行中の揺れなどでGPS機器が出てきたり、シートを倒すと見えてしまうこともあるので注意が必要です。

車内の場合は、もともと置いてある荷物の底に入れるなどもできますので調査対象が絶対に触らない場所に置いておくのがベストだと思います。

結局どこがいいのか?

一概に言うことは難しいですが、ここでは車内に取り付けることおすすめします。車内に取り付ける際には、小型でバッテリーが長く、無音設計のものがベストです。

下記のおすすめレンタルショップはどれも小型でバッテリが長いのものが多いので、そちらから探すことをおすすめします。

おすすめGPSレンタル

TOPへ